サンフランシスコ滞在記

約6ヶ月のサンフランシスコ語学留学の記録

日本人特有のマインドセット

一概に日本で生まれ育った人を日本人と一言でひとくくりにしたくはないが、

あくまでここで日本人と言っているのはマジョリティーとしての日本人という意味合いだという前提で、以下書いていきたい。

 

サンフランシスコから日本に帰ってきて、強く思った日本人特有のマインドセットについて書いていきたい。

 

それは

 

頼ることが前提

 

ということ。

 

これは目に見える社会システムが圧倒的に日本は整っているからこそ、その社会システムが、日本人に頼ることを当たり前にさせていると感じる。

これは日本にいて家族や友達、外国人の友達と話してる時さえも気づかなかったが、サンフランシスコで日本人の言動や行動、外国人の言動や行動を客観的に観察しているとおのずと気づけた。

 

 

例えば、日本人と話していて、なかなかスタッフが思うように取り合ってくれないとか、全然思ったことをやってくれないとか、そういう話を何回か聞いた。

ただよくよく日本人側の話も聞いていると、相手に対して自分がどうしたいのか、その意思をはっきりと説明できてない。その人が何をしたいのかが聞き手もわからない。

それはそもそものマインドセットとして「相手がやってくれる」という頼ることが当たり前のマインドセットがその根底にはあるように思う。

 

 

また、日本に帰ってきて、電車内やレストラン内の日本人同士の会話を聞きながら英語に翻訳するということをやっていると、面白いことに会話の多くに主語として「We」が出てくる。感覚的だが「I」よりも多いと思う。

それも前提として、「一緒に」何かをすることが当たり前だからかと思う。

逆に各々がどうしたいのかよくわからないこともある。意思決定さえも相手に頼るという現象が見られる。

 

 

社会に頼って生きていける、そんな国に生まれたことは我ながら嬉しいことがだが、

自分でも気づかなかったのが、無意識のうちに自分がどうしたいかとかという意思決定さえも、自分ではない何かに委ねているようになっていたと思う。

さらに感情表現を慎むことが日本では良しとされる文化は、逆に自分の意思や意見、感情の表現さえも下手くそにさせてしまう可能性はある。

幸福度の話を持ってくると、幸せは主観的に感じるものという前提で考える場合、そりゃ日本人の幸福度が先進国の中でも圧倒的に低いわなってなる。

かといってここで突然みんなが今心からの感情を表現すると、日本の社会システムが崩壊するっていうイメージもわく笑

全てが繋がっているように感じる。

 

ここまで書いたことはあくまで主観的に自分の考えを述べたまで。

The most fastest way to improve your English

There would be some wrong english in this blog because I'm student practicing my English in San Francisico.

But I write my blog in English this time because of practicing my English.

 

The most fastest way to improve your English that I think is Just use English all day.

Speaking, Writing, even thinking something in your brain is the fastest to make it.

 

Some students gather together who are from same thier country.

I think It doesn't any sense when you practice new language.

The most important thing is to talk in English, communicate with people who speak English so that you can not only get improve English but also learn any culture you have not known.

 

You would get used to use English more efficent if you keep to use english all day.

EFサンフランシスコ語学学校

昨日、EFサンフランシスコ語学学校初日だった。

初日は授業はなくて、オリエンテーション、サンフランシスコ市内ツアー。

最初は新しく入学するEFの生徒が広い部屋に集められ、自己紹介をしながら自分や相手のことを話し合うアイスブレイクが行われ、その後に授業、学校のルール等簡単な説明が行われた。

 

今回語学学校に入学してみてわかったこと。

 

・圧倒的に日本人が多い

校舎に入ってまず最初に驚いたのが日本人がすごく多かった。ざっと見積もって3分の1は日本人。新しくこの4月から入る人が60人いる中で圧倒的に日本人が多かった。

(自分としては日本人が少なく、インターナショナルな環境を求めていただけに少しがっかりした。。)

 

・比較的20台前半の人が多い

国籍関係なく、年齢で言えばだいたい20歳前後の生徒が多かった。

(自分は見た目が若く見られるだけあり、いつも驚かれる。25歳だからあまり変わらないかと思うが、やはり最近は2,3歳違うだけでジェネレーションギャップを感じてしまう。自分だけか?)

 

・ホームステイする人、ハブと言われる寮のような場所に住む人で立地が違う

自分はホームステイで、ホームステイ先の家から校舎まではバスの乗り換え含めて約1時間半かかる。

その他にホームステイしている人はもう少し校舎に近いところに家があるようだがそれでも校舎まではだいたい1時間程度のようだった。

校舎がサンフランシスコのNorth Beachに存在しているので、近くはオフィス街だったりするため、必然的にホームステイ先はある程度遠い場所になるようだ。

 

一方ハブといわれる寮のような場所に住んでいる人は、校舎からだいたいバスで10分程度の場所にある。

 

日本人が多いだけに、日本人とも会話をするときには英語で会話するなど、少し工夫のいる環境だが、サンフランシスコは気候もよく、人も多すぎないため過ごしやすい。

引き続き自分の英語力向上のため頑張りたい。

 

 

 

ホームステイ先に到着

昨日サンフランシスコに北京経由の中国国際航空便で到着し、1日ホステルに宿泊して今日、ホームステイ先に到着した。

サンフランシスコに来て、2日間の中で感じたこと、思ったことを記録しておく。

 

・交通機関

タクシー、電車、バスがあった。やはりタクシーの中でもUberは非常に使いやすくて便利だった。割と割高ではあったが。

バスは90分以内なら2.25ドルで乗り換えも自由だが、お釣りはもらえない。

お金は前もって準備しておく必要がある。

 

・日本食

ラーメンや居酒屋という文字を少なからず見つけた。まだ行ってみていないので本当に美味しいのかはわからないが、やはり日本食足らずになった時には行きたい。

スーパーマーケットでは日本のインスタント食品を見つけた。その他日本の化粧品や日用品もあり、思っていた以上に車以外でも日本の物品が使われているみたいだった。

 

・街並み

たまたまかもしれないがアジア系の人たちが多い印象。ホームステイ先のDaly Cityは特にアジア系の人が多く見られ、スーパーやレストランのメニュー表記や看板は中国語で書かれていることも多い。

 

 

ホームステイ先のフィジー出身サンフランシスコ在住歴49年のおばあちゃんがすごく優しい。

滞在先が恵まれていて本当に良かったと思う。明日から学校が始まるから、気持ちも持ち物も準備して向かいたい。